STOCKMARシュトックマー社の蜜ろうクレヨン

STOCKMAR/シュトックマー社。

シュトックマー社の蜜ろうクレヨンは、子どもが口に入れても大丈夫。
蜜ろうクレヨンは0歳から、絵を描いて楽しむことができます。

蜜ろうクレヨンの「蜜ろう」とは、ミツバチの「巣」が原料です。
ミツバチの巣から作られる蜜ろうは、
主に化粧品や漢方薬などに使われているのですが、
STOCKMAR社は世界中から蜜ろうを取り寄せ、
常に厳格な検査をして
農薬やパラフィンなどの
有害物質が含まれていないものだけを使用しています。
蜜ろうクレヨンの色となる色素は、
食品の着色として認可されたものだけを使用。
この徹底した品質管理と理念により、
世界中の幼稚園や家庭からの高い信頼性があるのです。

STOCKMAR社の蜜ろうクレヨンはそれだけではありません。
色移りしない。ベタベタしない。折れにくい。そして透明感のある色彩。
どれをとっても一般的なクレヨンはおろか、他の蜜ろうクレヨンをリードしています。
蜜ろうクレヨンは、普通のクレヨンと何が違うの?

はじめに、蜜ろうクレヨンの特徴をまとめると、
・べたつかない、折れにくい
・発色が鮮明できれい
・色を重ね、グラデーションを楽しめる
・多くの技法でさらに楽しめる
・口に入れても無害、安全です

まとめると、こんな感じです。

まず、べたつかないのが特徴です。
普通のクレヨンって、
ちょっと油っぽいというか、ベタベタしますよね?
触ると、手に匂いがついたり、、

シュトックマーの蜜ろうクレヨンはそれが全くありません。
手触りは、つるっつるです。においもつきません。
そもそも、蜜ろうクレヨン自体、
普通のクレヨンより、マイルドな香り。ほんのりです。

蜜ろうですので「ロウソク」とイメージしてもらって良いと思います。
ロウソクで描いている感じです。
でも実際はもう少し硬くしっかりしているので、
普通のクレヨンに比べ、とても折れにくいのです。

においがやさしい、ベタベタしないという理由は、
普通のクレヨンの成分が石油元来のものに対し、
蜜ろうクレヨンはパーム油などの植物由来の成分だから。
混色、グラデーションを楽しむ。

シュトックマー社の蜜ろうクレヨンは、色を混ぜる事ができます。
黄色を塗った上に、緑を塗れば黄緑に。
黄色を塗った上に、赤を塗ればオレンジに。

そのような具合に、色を混ぜる事ができ、
色の重ね具合を調節する事によって、
グラデーションを作る事ができるのです。

単色での「濃淡のグラデーション」はよくありますが、
2色以上でのグラデーションができる画材って、
実はほとんどありません。
絵の具でも、グラデーションは難しいですよね。

それが、シュトックマーの蜜ろうクレヨンでは簡単にできます。
どうしてできるのかというと、透明感があるからです。
普通のクレヨンでは透明感はありませんので、
この混色や、グラデーションはできません。
ブロックタイプもあります。

シュトックマー社の蜜ろうクレヨンは、ブロックタイプも。
ブロックタイプは、広い面を均等な濃さで描く事ができます。

大きい木や、広い海。キャンバスを埋め尽くす空。
スティッククレヨンでは描く事のできない感覚を、
ブロッククレヨンなら楽しく描く事もできます。

ブロッククレヨンはが描けるのは広い面だけでなく、
角をつかえば、スティッククレヨンより細い線が描けます。
見た目は冴えませんが、かなりの実力派なのです。

スティックだけも楽しいですが、
ブロックもあると、とても楽しいですよ。
ブロッククレヨンを目の前にすると、まずは触ってみたくなり、
ちょっと、描いてみたい、、、ってなると思います。

ブロッククレヨンなら、0歳から楽しめます。

ブロック、例えば虹を描く時なども。
子どもでも、大人でも、
スティックとブロックで同じ絵をそれぞれ描くと、
全く雰囲気が変わった絵になります。
それぞれの特徴を生かして、楽しみましょう。

そしてブロッククレヨンは、掴みやすくて描きやすい。
スティッククレヨンでは難しい年頃でも、
ブロッククレヨンなら、
とにかく物を掴むことさえできれば大丈夫。

掴み、紙に向かって思うがままに。
掴み方や、方向なんて関係ないのですから。

ですので、0歳から描く楽しみ絵を味わうことができます。
正確には10ヶ月頃以降が、子どもも楽しんでできる頃です。
(安全性の面については、最後の方にてご説明します。)
技法のひとつ、エッチング技法。

蜜ろうクレヨンの特徴を、
シュトックマーだからこそできる
「エッチング」という技法をつかって紹介します。

エッチング技法とは、「削る」こと。

シュトックマー社の蜜ろうクレヨンは、
下に塗った色を生かした状態で、
さらに他の色を上から重ねて塗る事ができます。

まず、出来上がりの絵をより楽しい物にするため、
下地として、ボーダー状に何色か並べて塗ります。

これはもちろん、1色でも何色でも良いです。
しいて言うなら、黒以外の色が良いかと思います。

ポイントは大きめに。そしてしっかり濃く描きましょう。
「エッチング」 重ねて、塗ります

下地をしっかり塗ったら、
今度は重ねて黒を塗ります。

これは、下地に塗った色との対照的な色が良いです。
下地に明るい色を塗ったら、上に濃い色を。

反対でも良いのですが、
蜜ろうクレヨンは透明感があるため、
明るい色をさきに塗った方が良いです。
でもこれは、画材全般に言える事ですね。

今回は、黒で上から全て塗りつぶします。
この塗りつぶしも、下地同様にしっかりと濃く。

縦、横、斜めで塗ると、よりしっかり塗れます。
なんだか塗装屋さんみたいですね。
「エッチング」 いよいよ、削ります。

エッチングは削る事です。
しっかり黒を塗ったら、シュトックマー社の
蜜ろうクレヨンのセットに付属しているヘラを使い、
ガリガリと削ります。
ガリガリといっても、軽くこする感じで大丈夫。

すると、、、上塗りの黒が削れて、
下に塗った色が出てきます。

ここで不思議な事に気づきませんか?
「下地に塗った色は削れないの?」
答えは「削れません」。
シュトックマー社の蜜ろうクレヨンは、
紙への定着力がとても強く、
クレヨン同士では混ざり合いません。

つまり、下地と黒の間はヘラで削れば剥がせますが、
紙との間は絶対に剥がれないのです。
「エッチング」 ヘラで、絵を描く

ヘラで、絵を描きましょう。
これが、エッチング技法です。

ヘラは細い面、太い面、ギザギザの面。
それぞれの面を自由に使って、削ります。

そうすると写真のように、
下地に塗った色がきれいに浮かんできます。
ボーダーに塗った色も、しっかり出ていますね。

これは、実際に自分で描くと分かるのですが、
芸術家になった気分で、とても盛り上がります。
絵が上手くなくても、上手いような錯覚に。

そんな事より、楽しむのが一番ですよ。
シュトックマーの蜜ろうクレヨン、
このエッチング以外にもたくさんあります。
(また、それは後日に紹介します)

シュトックマー社の蜜ろうクレヨンは、子ども向きという訳ではありません。
このような技法や鮮やかな発色、褪色にも強い事から、
大人が絵画に使う「画材」としても人気があるのです。
実は、紀元前1世紀頃のエジプトなどの絵や文字、
あれは蜜ろうを使ったもので描いています。
蜜ろうクレヨンは安全? AND CHILDは実際に食べてみました。

どこのお店も「安全です」って言ってますが、
本当に安全なのでしょうか、、、

そこで、AND CHILDでは実際に食べてみました。

正直、まずいです。
黄色にしたのは、せめておいしそうな色をと思って。
皮を剥いたバナナみたいに見ませんか?

思ったよりとても硬く、力を入れるとカキッと良い音。
口に入れた瞬間、「こいつぁヤバいな」という感触。
味は無味。弱気になって一度は出しましたが、
意を決して、再突入。
歯ごたえは例え様のない「これが蜜ろう、、」という感じ。
あまりにも飲み込める状態にまでならないので、
水とともに、、、せーの、ゴクン。

それから、2日経ちましたが全く異常なしです。
逆に、プロポリスのイメージから、
体調が良いような錯覚に陥っているくらいです。
(プロポリス成分はほとんど入っていないと思うので、完全なる錯覚でしょう)
なぜ、STOCKMARの蜜ろうクレヨンは安全なのか

蜜ろうクレヨンは口に入れても安全。
そういったコピーの蜜ろうクレヨンは多くあります。

でも、シュトックマー社の蜜ろうクレヨンは
安全だという事が自信を持って言えます。
それは、ただ蜜ろうといっても、
はちが集めてくる自然の成分の集まり。

農薬のついた花から集めていたら、、、困りますよね。
そういった検査なども厳格に行っているのがシュトックマー。
おもちゃの安全基準では足りないと考え、
独自で第三者機関を通して検査しています。

その上、蜜ろうクレヨンの色となる色素は、
食品の着色として認可されたものだけを使用。

しっかりした根拠があるからこそ、
その言葉には信頼が生まれるものですね。

もっとご紹介したい事はあるのですが、
それは各商品ページに記載されておりますので、
気になる商品ごとにご覧下さい。
スティッククレヨン、ブロッククレヨン。

スティッククレヨン<8色>

スティッククレヨンの8色入り。
しっかりとした缶に入っています。
「サイズ感がちょうど良い」と言う方が多く、
色数というよりも、サイズ感のかわいさに惹かれて
ご購入される方が多いです。
お出かけの際にも、
持ち運びやすいというのも人気の理由です。


スティッククレヨン<16色>

スティッククレヨンの16色入り。
個性豊かでたくさんの色が入っており、
シュトックマーの鮮やかな色を存分に楽しめます。
8本入りと比べると、
数量は2倍で、価格はちょっと控えめ。
色を楽しむなら、16色をお薦めします。


ブロッククレヨン<8色>

魅惑のブロッククレヨン。
シュトックマーは安全な蜜ろうクレヨンなうえ、
掴みやすいので0歳、1歳からお絵描きを楽しめます。

ブロックが気になったら、
スティックとブロック、8色のセットをひとつずつ。
この2つのセットが、私のいちばんおすすめ。
グラデーションを楽しみ、 ブロックで、書き味を楽しむことにより、
絵はとても広い世界観を表現でき、 もっともっと、描く楽しみを広げる事ができます。


スティッククレヨンは1本から販売。

スティッククレヨンは折れにくいのですが、
もちろん乱暴に扱うと折れます。
特定の色が減りやすく、使用頻度も高い為、
AND CHILDでは1本から販売しています。

特にピンクなどは、
セットに入っていませんので、特に女の子の場合は、
セットと一緒に合わせていただくのも良いと思います。

>>> シュトックマー社の蜜ろうクレヨン

木のおもちゃと知育玩具の商品カテゴリー

日用雑貨

木のおもちゃと知育玩具

木のおもちゃと知育玩具

木のおもちゃと知育玩具

木のおもちゃの検索

木のおもちゃの商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

  • お買い物ガイド
  • ギフトラッピング
  • 会員登録
  • 会員ログイン
  • お問い合わせ

2016年12月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2017年1月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
このページのTOPへ
送料
送料は450円からとなります。
税込6,480円以上のお買い上げで送料無料でお届け致します。
発送について
13時までにご注文いただき、お支払い方法が 代金引換及びクレジットカード払いの場合は、当日発送致します。
また、銀行振込、郵便振替、コンビニ前払いの場合は15時までの入金確認ができましたら当日発送致します。 尚、繁忙期、繁忙時、ラッピング希望の場合は、ご希望に添えない場合もございます。 店休日は発送業務もお休みさせて頂いております。
商品のお届け
お届けはヤマト運輸・佐川急便にてお届け致します。プレゼントの場合、贈り先に直接お届けすることも可能です。 配送時間帯指定はご希望の時間帯をご指定頂けます。 基本的には本州は翌日配達となり、本州以外の離島は翌々日の配達となります。
ラッピングサービス
ラッピングサービスは無料です。(1,080円以下商品は別途100円頂戴しております) 商品の形状により、ラッピングバックにてお届けする場合もございます。 いずれもご希望の際は注文時のお包みする商品をご指定のうえ、ご注文時の備考欄にてお知らせ下さい。もちろん、熨斗(のし)サービスも無料で行っております。※クリスマスツリーやオーナメントなどのラッピングはお受けしておりませんのでご了承下さいませ。
お支払いについて
お支払いは、代金引換、クレジットカード払い、銀行振込、郵便振替 、コンビニ前払いがご利用可能となります。 税込10,800円以上で代引き手数料・コンビニ決済手数料は無料となります。
在庫の表示について
実店舗と在庫を共有しており、 ご注文のタイミングにより売切れ、もしくはご希望のご注文数に添えない場合があります。 その場合は、お取り寄せなどのご案内をお送りさせて頂きます。
Copyright(C)木のおもちゃ、知育玩具、蜜ろうクレヨンの正規販売店。AND CHILD <&Child> 群馬県館林市松原2丁目14−41 All rights reserved.