色作り

先日、打ち付けをした看板を塗ります。
売っているペンキは好みに合わないので、
調色をしてから塗ります。

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
塗った看板の写真は、また後日に。

さて、看板。

今日は、看板を作ります。
 
まず、金物屋で取り寄せた旧式のトタン板をカットします。
カットは専用のハサミで。

 
 
 
 
 
 
 
 
最初はこんなにサビだらけ・・・

 
 
 
 
 
 
 
 
サビを落とし、サビ止めを塗り、、、
そこに、カットしたトタン板を確実に打ち込みます。

 
 
 
 
 
 
 
 
看板のフレームに下穴を開け、、、
 
打ち終わった頃はすでに暗くなっていました。

 
 
 
 
 
 
 
 
そうそう、
看板とはいっても、文字も絵も何も書きませんが。

昼ご飯

 
AND CHILDのお店には、まだレンジがありません。
お昼ご飯は、冷たくなってしまったおにぎりを
このようにヒーターで温めます。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
温かくなったら、反対側を温めるのです。
 
 

内装の塗装

内装も、ボロボロです。
全部、リセットしています。
 
塗装が終わり、
ふと自分の足下を見ると、、、塗料がべったり付いていました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
以前、「作業着を汚してしまう人は、作業が下手な人だ」
というのを言われた事があり、その時はいまいち分からなかったのですが、
今、何となく分かった気がします。
 
 

 
 
 
 
 
 
今のところ、店舗の進行は順調です。
 
 

まだ改修


 
 
 
 

 

寂しい作業場に、仲間がやってきました!
まぶしい色したジェームズ君。

SUPER ECCENTRIC COFFEEさんにて購入。











お昼ご飯に出掛けた際、玄関で留守番していると、、、、











手紙が刺さっており、ポスト代わりにされていました。
今日は窓枠の塗装。
古く、汚れた窓枠をキレイにしました。










内部もまだまだ手が掛かりそうです。





























 
お金を掛けずにキレイに。

頑張ります。

金沢へ

 











どうしても会って話したい人がいて、金沢へ行ってきました。
イトウユキコさん。
始発の電車で群馬県から金沢へ。到着したのはお昼前でした。
待ち合わせた駅に着いて、探しても見当たらない。

 
 
 
 
 
遅刻してきたイトウさん。

ちょっとホッとしました。

イトウユキコさんは福井県に住む陶芸家。
ふらふらと、まっすぐ歩くナチュラルな人。















イトウさんと一緒に、金津創作の森「酒の器展」へ。
イトウさんの作品も入選していたので見に行きました。
酒の器展では、作家さんが作品に価格を設定し、展覧会終了後に誰でも購入する事が出来ます。
イトウさんの作品を見て、最初に驚いたのがその価格。
他の作家さんたちの5分の1くらいの価格でした。

さすがにイトウさんも「ちょっと間違えちゃいましたかね、、、、」











コーヒーとベーグルを食べながら、これからの事をいろいろとお話しました。
滞在できる時間は僅かでしたが、とても有意義な時間を過ごせました。
イトウユキコさんが作る、ステキなモノ。
ひとりでも多くの人に見てもらいたいです。

掃除と修繕から

私が店舗に使おうとしているこの建物。

実はとてもボロボロなのです。外も中も。

汚れや痛みも多く、キレイにするだけでも作業の山です。


そんな建物自体に存在感は無く、

「こんな建物あったんだ」なんていわれる程。

実際、この建物は店舗向きではないのですが、そこはアイデア次第。













日々、少しずつ。


配置図で

 
 
 
 
 
店内の配置図を片手に、
30過ぎの大人が「お店屋さんごっこ」

時間は、、、深夜2時でした。

paint…1

 
 
 
 
 
力を入れて、ゴロゴロ ゴロゴロ。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
店舗外壁をキレイにキレイに。
天気も良く、塗装日和。

長〜いハシゴと、高枝切りばさみのような長〜い棒を使って、

繰り返し2回、ペンキを塗りました。

とてもキレイになった外壁。

これでまた数年間は店舗を守ってくれます。

そして何より、きもちがいいですね。