木のおもちゃ、知育玩具のプラステン特集

こうしておもちゃが数あるなか、

もし、「王様」というものを決めるのであれば、
私は、この「プラステン」ではないかと思います。

その理由は、「子どもが主体性をもって遊べるから」。

遊びの可能性をどこまでも広げる事ができ、
自らルールも作って遊べる。

コンピューターゲームには真似のできない、
アナログの良さが、このシンプルなおもちゃに詰まっています。

>>> PLUS10(プラステン)/nic社 商品詳細ページ
シンプルなおもちゃ

とてもシンプル。

そのなかに、「王様」と言わせる何があるのでしょうか?

5本の棒に、10個のリングが通してあります。
計50個のリング。

これに、付属品として赤い紐とサイコロが2種あります。

こうしてパッと出されただけだと正直、冴えない感じです。

これから、ご紹介致します。
そのシンプルは、自信の現れでもあります。

流行というか、、、
目に留まりやすい派手なものって、結局飽きますよね?

1年後、もう使う気も起きなくって、ゴミになっちゃう。

でもシンプルな物って、飽きないのです。

それは、そういった余分なものを削ぎ落としているから。


それって、作り手としては相当な勇気が必要。

でもそれと同時に、自信の現れでもあります。
棒に通す。

まず、リングを棒に通していきます。

「入ったよ!」と輝く眼差しで見つめて来たら、

「入ったね!すごいね〜」と拍手してあげましょう。

単純ですが、1歳半を過ぎた子どもはこれを覚えると延々と遊びます。

リングは50個もあるので、その繰り返しにも満足。

この「穴に通す」という遊びはとても重要。
指先の感覚と、集中力や器用さを養います。

繰り返しの遊びも、何度も何度も復習して覚えるのです。

何度も何度も、褒めて盛り上げて!
並べて、繫げて。

1歳半ぐらいになると、こうして並べて繫げる遊びをし始めます。
これはその子によってですが、
まっすぐ並べたり、クネクネと蛇行したり。
ごちゃ混ぜにしたり、、、いろいろです。

大人は、でき上がったものに目を向けるのではなく、

これによって子どもが「どんな充実感・満足感を得たのか」を
キャッチしてあげることが大事です。

大人はついつい、結果ばかりを見がちです。

この頃の子どもは特に、「出来上がったもの」ではなく、

「自分にできたこと」を見て欲しいのですから。
これは、、、、、何?

すると、子どもはこういった絵を描き始めます。

「これは、、、何?」

日々、そういった事の連続でしょう。

こういった遊びは、
「同じ形のものがたくさんある」からできる事。

同じ形の方が、子どもも構成がしやすいのです。


ちなみに、これは「かき氷」です。
しかもブルーハワイ。

子どものころ、みんな好きでしたよね〜。

ちなみに、今の私は、、、梅が好きです。
紐で繫げて、ネックレスなど。

付属の紐を使って、ネックレスを作ったり。

穴に紐を通すのは、2.5〜3歳ぐらいになってからです。

紐は柔らかいので、手先が器用なうえ、集中力も。
この時期の子どもとって、利き手と反利き手を使い、
手と目の連携を必要とするこの遊びはとっても重要。

いろいろな色を繫げて、カラフルなネックレス。

好きな色をいっぱい付けて、自分好みに。

個性や趣向も、この頃になるとみるみる発達してきます。


こんなのをかわいい娘が作ってくれたら、鼻血ブーですね。
積み上げると、10個。
棒に通して、積み上げると10個になります。

10個というのは、数の遊びや勉強ができるのです。

例えば、「2個とったら、残りは何個?」とか。

小学校に入る前に、数字の「感覚」を覚えた方が良いです。

それは、「1〜100までを数えられる」ではなく、

1、2、3、、の「大きさ」を理解している事が重要。

3は1より大きくて、、から始まり、
10の半分は5。5を2つにすると10。
そういう事。

これは、全く同じものが10個である事が大事で、
違うものだったり、色が違かったりすると、
子どもも気が散ってしまい戸惑いがちになります。

こうして、具体的なおもちゃで遊ぶことにより、
子どもも手で触りながら、楽しく覚えることができるのです。
お金に例えてみる。ごっこ遊び。

同じく2歳くらいからはごっこ遊び。

この「ごっこ遊び」は長いですよ〜。
5歳を過ぎてもまだまだ遊びます。

そのなかで、活躍するのがプラステン。

おままごとの具材から、お店やさんごっこのお金。

それらのごっこ遊びになくてはならないものに
場面にあわせて変われるシンプルさがあるのです。

ごっこ遊びはシチュエーションや、
小道具などがあればある程、盛り上がる遊び。

アイデアや刺激となる小道具を、
大人が主導で教えるのではなく、そっと提案する。

それだけで、子どもの想像力はどんどん膨らんでいきます。
色々な積み方。

パーツはたくさんありますので、
色々な積み方にもチャレンジできます。

写真は棒に通して
その間にさらにリングを通す遊び。

単純ですが、順番など「法則性のある並べ方」や
柄を描いたりする事もできます。

このようにして積んだ状態から、
抜いたり入れたり、という事でも遊べます。

もちろん、棒を使わないで普通に積木もできます。

リングに空いた穴を利用して、
バランスを上手く保つのに夢中になります。
くるまの、タイヤ。

プラステンのリングはタイヤに。
えんぴつを車輪の軸に。
車体には箱を。

これだけで、どれだけ遊べるでしょうか。
これだけで、どれだけ学べるでしょうか。

ただのリングも、どんなものにも化ける事ができます。

それは子どもにとっては魔法のようなもの。

子どもは、固定観念がありませんので、
シンプルな物であれば、どんなものにも変えられます。


それは、子ども自身が魔法使いのようですね。
プラステンで、ゲームをしよう。

プラステンで、ゲーム。

標準付属品のサイコロが2種あります。
(写真は、、、商品詳細ページに掲載しています)

これを使う事により(使わなくても)、ゲームができます。

例えば、、、
写真は「同じ色をくっつけちゃだめですゲーム」。
ルールは簡単。

下の段から一段ずつ積んでいく。
同じ色をくっつけちゃダメ。
同じ横の段で、同じ色を使っちゃダメ。

こんなダメダメなゲーム。私が即興で作りました。

こんな感じで、自分達でルールを作って遊べます。
ちなみに、ルールブックはおろか、説明書はありません。
必要ないと思います。説明書は。

こうやって、子どもが主体性を持って
遊ぶことができるおもちゃはとても良いです。
子どもの限りない創造力に、どこまでも付いていけるおもちゃ。

実は「遊ばされている」おもちゃが多い昨今。
何が重要で、何の為のおもちゃか、考える必要があるのかもしれませんね。
おもちゃって、何が良いものなの?

おもちゃって、なんでも良いのでしょうか?

子どもが興味を持てば、それで良い?

そもそも、木のおもちゃは何が良いの?

なんで木のおもちゃは、高いの?


おもちゃ。
いろいろありますが、どのように考えますか?

考え方、価値観はそれぞれです。正解も不正解もありません。
ただ、せっかく手にするのであれば、
無駄がなく価格に見合ったものが良いですよね。

まず、「木だから良い」というのは漠然としすぎていますね。
どうも最近は、それが「ひとり歩き」しているようでなりません。

木は丈夫です。自然の産物であり、乳幼児に害もない。
木肌に触った感触、木目をみてじっくりと観察する。
使い込めば雰囲気も出て、やがてそれが「愛着」になる。
それにより、「愛情」などの欠けてはいけない、大事な感情にまでつながります。
それを見守り、一緒に遊ぶ大人の気持ちをも和らげてくれる暖かみが、木にはあるのです。 木は、子どもが触れるものとして、おもちゃの素材として何よりも最適です。

「遊ぶ側」もそれぞれですが、実は「作る側」もそれぞれ。
木のおもちゃでも作り手はたくさんいます。価格もそれぞれ。

重要なのは「どれほどの遊びができるおもちゃなのか」ということ。

良いおもちゃというのは、作り手の考えも一貫していて
そのおもちゃも「子どもの遊び」のことをよく考えられています。
それは、色々な遊び方ができるものであったり、
押し付けられるようなルールがないもの。
電動のような、おもちゃ主導のペースで「遊ばされるもの」ではなく、
子どもが主体的に遊ぶ事ができ、ルールを作って友達と共有する。
そんな、柔軟性が高いものが良いおもちゃと言えます。

最近の安価なおもちゃは、それが欠けています。
故に壊れやすかったり、飽きやすかったりするのです。
決められたルールで遊び、クリアした途端に飽きてしまう。柔軟性がないのです。
それで「おもちゃは何でもすぐに飽きちゃうから」というのは悲しいです。

そういった意味でこのプラステンは「良いおもちゃ」です。
幅広い年代にまたがり遊ぶ事ができ、
遊べる内容も、子どもの想像力次第で広げられます。
素材や生産についてもしっかりしていますので安心です。

価格も比較的安価なため、
「おもちゃの王様」といっても過言はないと思います。

>>> PLUS10(プラステン)/nic社 商品詳細ページ

木のおもちゃと知育玩具の商品カテゴリー

日用雑貨

木のおもちゃと知育玩具

木のおもちゃと知育玩具

木のおもちゃと知育玩具

木のおもちゃの検索

木のおもちゃの商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

  • お買い物ガイド
  • ギフトラッピング
  • 会員登録
  • 会員ログイン
  • お問い合わせ

2014年8月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2014年9月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
このページのTOPへ
送料
送料は450円からとなります。
税込6,480円以上のお買い上げで送料無料でお届け致します。
発送について
13時までにご注文いただき、お支払い方法が 代金引換及びクレジットカード払いの場合は、当日発送致します。
また、銀行振込、郵便振替、コンビニ前払いの場合は15時までの入金確認ができましたら当日発送致します。 尚、繁忙期、繁忙時、ラッピング希望の場合は、ご希望に添えない場合もございます。 店休日は発送業務もお休みさせて頂いております。
商品のお届け
お届けはヤマト運輸・佐川急便にてお届け致します。プレゼントの場合、贈り先に直接お届けすることも可能です。 配送時間帯指定はご希望の時間帯をご指定頂けます。 基本的には本州は翌日配達となり、本州以外の離島は翌々日の配達となります。
ラッピングサービス
ラッピングサービスは無料です。(1,080円以下商品は100円となります) 商品の形状により、ラッピングバックにてお届けする場合もございます。 いずれもご希望の際は注文時のお包みする商品をご指定のうえ、ご注文時の備考欄にてお知らせ下さい。もちろん、熨斗(のし)サービスも無料で行っております。
お支払いについて
お支払いは、代金引換、クレジットカード払い、銀行振込、郵便振替 、コンビニ前払いがご利用可能となります。 税込10,800円以上で代引き手数料・コンビニ決済手数料は無料となります。
在庫の表示について
実店舗と在庫を共有しており、 ご注文のタイミングにより売切れ、もしくはご希望のご注文数に添えない場合があります。 その場合は、お取り寄せなどのご案内をお送りさせて頂きます。
Copyright(C)木のおもちゃ、知育玩具、蜜ろうクレヨンの正規販売店。AND CHILD <&Child> 群馬県館林市松原2丁目14−41 All rights reserved.